GRIT ブログ


数学学年3位の取り方。

LINEからメッセージが届いた。

「今回の学力テストで数学の順位が学年3位でした!」

 

これまで、20~10以内をうろうろしていた子だけにかなりうれしい結果だ。

 

では、どうしたらこの順位が取れるようになったかをご紹介すると・・・。

 

ちなみにこの子は中高私立一貫校に通っている。したがって、授業進度は公立中学よりもはるかに早い。

したがって、本来必要な単元の内容がさら~っと進行するために、難しい問題が解けなかった。

 

よく考えてほしい、仮に得点が取れないとしても、公立中の生徒のよりも先のことをやっているとなんだが、根拠のない優越感にとらわれてできるようになった気持ちになってそのままその単元を終えてしまう。もちろん、早く進む分、学年の最後の方に「もう一回復習します!」なんてことを先生が言うので、疑心暗鬼ながらも「ま、いっか。その時やり直しすれば…。」となってしまう。

 

そうではない。

初めから基本をしっかりと叩きこんで、それをどう使うかを「量」を重ねて教え込んでいくしかない。その過程の中で、テストによく取り扱われる問題を入れ込んでいくのだ。

どうも「イチを知れば5ぐらい解ける。」と思い込んでいるような生徒や先生が多い気がする。確かにそのような生徒もいるだろうが、大半がそうではない。6年間の学習内容を5年間で叩きこむようなことを言っている私立一貫校ではあるが、九大の合格者数が2年10ヶ月くらいで受験勉強を終える公立御三家に勝てない理由は何だろうか?生徒たちにはもう少しペースを落としてやってあげてもいいと僕は思っている。

 

そう、だからこの子も時間をかけてやってきた。例の青雲や大濠のスーパーを合格した女の子もそうだ。

 

先のこともやるのも大事だが、その演習を戦略的にやらないと、時間がもったいないのだ。わからないなら、学年の変わり目にもう一回やるから、ということでは僕は上達しないのだと思う。

 

3位になった子も目先の試験にとらわれないようにメンタルを変えていった。先を見越して、今やるべきことはどこなのか、また、時間を置いたので記憶から飛んで行っている単元もあるのでそれもフォローする。そういった方法で、テストに対する免疫をつけていくと、たいていの生徒は得点が上昇してくる。

そうなると、しめたもので楽しく気持ちがいい数学となるから継続したそのような勉強に繋がっていくのだ。

 

お問い合わせは

  090-8762-4675(直通)

算数専門塾

数学専門塾

 GRIT平尾駅前教室

➢ 少人数個別指導

➢ 中学高校受験・中高一貫生数学対策

➢ 福岡市 中央区 大宮2丁目

 

➢ 西鉄平尾駅から歩いて3分

 

 

新学年募集

◆数学がもう一歩、点が取れない

◆学校の授業が早すぎて、ついていけない

◆前の単元に戻って、やり直したい

◆ラ・サール、久留米附設、青雲学園などの私立高校入試に対応できる数学の力が必要

などの「数学でのお悩み」のある方はぜひ、ご連絡ください。

楽しく数学が解けるように指導していきたいと思います。

 

1 お電話でご相談ください・・・090-8762-4675 塾長直通です(10:00~17:00)

2 2時間の体験授業をお受けください・・・4000円(税別)

3 体験授業から入塾をお決めください

4 授業の曜日や時間は各コースを参考にしてください。

新中学生の数学 私立中学生へ

さて、私立中学に通学している生徒でこんなお困りはないだろうか?

・新中学1年生

 正負の数の計算にミスがよく出る 複雑な計算問題になるとミスが多い

 

・現在中学1年生

 立体図形の問題がよくわからない 連立方程式が解けない

 

・現在中学2年生

 ルートがさっぱり 難しい因数分解が解けない 二次方程式がわからない

 

など、

 

私立中学は授業が中学内容の先取りで進んでしまっているために、内容の理解に時間がかかり、学校の授業に遅れがちになり

未理解なまま授業が進み、定期テストをむかえてしまいがちではないでしょうか。

 

そのような不安はいつまでたっても解消されないですよね。

新しい単元に入ってやる気が上がっても、また以前の未理解の不安が絡んでわからなくなってきませんか?

 

その不安を解消しませんか?

 

わからないところから、戻ってやりながら現在のところをフォローしていきますよ。

 

次のテストまでにはこれまでよりもいい得点をねらえるはずです!

 

 

お問い合わせは

  090-8762-4675(直通)

算数専門塾

数学専門塾

 GRIT平尾駅前教室

➢ 少人数個別指導

➢ 中学高校受験・中高一貫生数学対策

➢ 福岡市 中央区 大宮2丁目

➢ 西鉄平尾駅から歩いて3分

 

 

 

ここで、私がやっていた入試のための数学勉強を書きます。 その2

ここで、私がやっていた入試のための数学勉強を書きます。

 

まず、青雲対策はこれまで教えてもらった解き方をどのように入試問題で使うのかを、ホワイトボードで何通りも切り口を変えて解説してもらいました。時には、自分でも解いてどこがいいのか、どこが遠回りな解き方なのかを時間をかけて教えてもらいました。

また、青雲の過去問だけではなく、西大和や久留米附設、弘学館など学校も解いていきました解説を。学校名を聞くと難しいと感じる過去問でも、意外に簡単に解けたり、とけない問題でも解説を聞くと、「な~んだ、簡単だ。」と教えてもらえばそんな感動が何度もあり、それが数学への自信につながりました。先生に必ず復習をすることを徹底されていたので、解説を聞いて完璧にわかっていても絶対にやり直しをやっていました。

また、過去問をやっていると自分の傾向が最初の大問1で満点が取れませんでした。小さな計算ミスや読み間違いがよくありました。そこで、それを解くときは必ず3回は見直すように練習しました。これは、青雲を受けるときも同様です。大問1番だけは30分かけて3回見直し、手ごたえを感じて次の問題を解くことができました。

 

次に、大濠はスーパー進学クラスに絶対受かりたかったので青雲が終わってから、すぐにそちらの過去問に取り組みました。数学は過去8年分くらいを3回はやりました。それ以外の教科は「前期」「後期」「専願」を含め5年分を1週間以内に3回以上はやりつくしました。もちろん2回目以降は1教科30分くらいで終われるような勉強をしていました。

 

 

最初はまったく解けなかった問題も復習することで、理解を深める領域に到達すると似たような問題に出会ったときに解けるようになります。私の中でこれが『苦手な数学が安心な数学』へと変わったきっかけでした。

いまは、高校への数学を書き立てられない時間の中でやっています。

 

受験はしんどかたけど、私にとっては面白い体験でした。

 

平尾中 A

 

 

お問い合わせは

  090-8762-4675(直通)

算数専門塾

数学専門塾

 GRIT平尾駅前教室

➢ 少人数個別指導

➢ 中学高校受験・中高一貫生数学対策

➢ 福岡市 中央区 大宮2丁目

➢ 西鉄平尾駅から歩いて3分

 

青雲学園、半年で合格!平尾中の女の子の合格勉強方法 その1

私は近くの大手塾にそれまで通っていました。しかし、そこでの指導だとどうしても数学が100点満点中の50点以上になることが難しかったのです。そこで、友達のすすめでこの塾の門をたたきました。ここの指導は先生が一方的に授業をするのではなく、大切なところや導入部分をしっかりと教えて、その後は自分で解いてそれをチェックしていくというやり方でした。間違ったら、ホワイトボードで解き直しです。始めはそれが恥ずかしかったのですが、慣れてくるとそちらの方が楽しくなって率先して前に出て解いていきました。この方法はずぼらな私には効果てきめんでした。わかっているところを省略する癖が、結局ケアレスミスにつながっていたり、問題をよく読まないところを指摘されたりすることで、解けなかった問題が解けるようになってきました。できないと思って苦手意識を持っていた数学でしたが、こうやってやれば自分でも解けるじゃん、という自身に少しずつ変わっていきました。

また、”受験勉強の仕方"も私にとっては始めての学びでした。

それまで22時に寝ていた私が、課題を大量に出されることで午前0時以降に寝るようになりました。まさか、そんなに遅くまで勉強できる自分が想像できなかったです。

そこまでになる理由は、今日習った授業の復習に時間がかかったからです。ノートに板書ををとるのが遅い私はホワイトボードに解いたとき方を写真にとっていき、先生の説明をしっかりとじっくりと聞くように心がけていました。

先生の説明中はしっかりと聞いて、解説者が何を言おうとしているのかをその場で理解する癖をつけなければいけないといわれたからです。その写真は後でノートにまとめていました。

これをやりだすと、不思議と習った解き方がテスト中や問題を解くときにわいて出てくるようになりました。

ちなみに、この塾に来るようになって、ラインもインスタもしなくなりました。というか、そんな事さえ考えなくなってしまったのです。(続く)

 

 

お問い合わせは

  090-8762-4675(直通)

算数専門塾

数学専門塾

 GRIT平尾駅前教室

➢ 少人数個別指導

➢ 中学高校受験・中高一貫生数学対策

➢ 福岡市 中央区 大宮2丁目

 

➢ 西鉄平尾駅から歩いて3分

 

 

 

 

 

継続のさせ方

3ヶ月ぶりだろうか・・・。久しぶりにジムに行った。何度も行こうかと準備までしていたが、なかなか「できない理由」を探しては遠のいていた。「今日こそは!!!」とやっと、足と気持ちが一致して行ったのだった。

だがそこにはモチベーションを落とす仕打ちが・・・・!

せっかくがんばっていったのに、僕の「個人カード」がないのである!インストラクターに聞くと「裏のほうにおいています。」

なんじゃ~!そりゃ三ヶ月もこなかったけど授業料はしっかりとっとったろーがー!そういいたくなるのをぐっと抑えてメニューを記入しながら、怪我しないようにゆるく始めました。

 

さて、なぜ辞めないか。それは迫りくる老いに負けないように体力をつけることを目標にしているためです。また、その先には

今やっているキックボクシングで(こちらも、練習回数がまだ一ケタ台と情けない状況ですが)圧倒的に体力のなさが露呈しているために、その強化です。以前は1300ccのバイクに乗るための基礎体力つくりが目標だったのですが・・・。

自分の身を守るためには鍛えないといけないのですよ。

 

若い兄ちゃんたちの動きの機敏さやパンチの重さに脱帽です。まだまだ、体力をあげないとついていけないのです。

 

そう、継続するためには二重、三重の目標がいるのです。それを身をもって知っとかないと継続はできません。

 

間接の節々が痛かったり、もう一ランク上のウエイトがどうしても持ち上げれなかったり、そんな悔しさと辛さとの戦いからたまに逃げ出したりもします。

 

でも、そんなサボっている僕を生徒たちが知ると容赦のない叱咤・激励を浴びせてくれます。

 

励ます人たちと自分の意思が継続の一助となります。

 

 

お問い合わせは

  090-8762-4675(直通)

算数専門塾

数学専門塾

 GRIT平尾駅前教室

➢ 少人数個別指導

➢ 中学高校受験・中高一貫生数学対策

➢ 福岡市 中央区 大宮2丁目

➢ 西鉄平尾駅から歩いて3分

 

 

 

 

 

涙の決断

本日、進学する中学をどうするか迷われているお母さんが2人来られて話しました。

 

一番初めに来られた方はは双子を持つお母さんで、同じところに活かせるのがいいのか、

そうでない方がいいのか迷っているとのことでした。

結局、性格も違うしそれぞれの個性に合わせた学校選びをしたいという結論に至り、

ひとりが『特待』が出ている中学にいき、もう一人が地元の公立中高一貫校に行くこととなりました。

双子だから同じ学校に行くのがいろいろと楽な部分があると思うのですが、本人の成長に期待しての決断ということでした。

 

その結論が出て、入れ替わりにもう一人の方が来ました。

 

合格できないと思っていた特待に合格できた中学と、公立一貫校との選択に悩んでいるとのことです。

この方の場合は特待で合格して授業りょの全額免除であれば行ってもいいということでした。また、公立一貫の方は合格基準が定かでないため受かることはあまり考えていないとのことでしたが、こちらも合格したのでさてどうしたものか、という悩みです。

本人も含めての3者会談です。ただ、話が白熱してきて一度お母さんとお話しして、その気持ちを理解したうえで、僕と本人の2人で反しました。「本当に行きたいのはどっちか?」机の上にあるお母さんが持ってきた二校の合格通知の入った封筒を見ながら、本年を追求しました。結局、ぼくは特待の方がいいんじゃないかということを本人が望んでいるように思えたのでそちらにすることをすすめました。

 

それはなぜか?

 

彼女が特待を勝ち取った封筒をずーと持っていたからです。家の人はまさか自分が全額免除の特待合格を勝ち取るとは思ってもいなかったし、自分もそう思っていた。でも、それができた時には涙があふれるくらいうれしかったといいます。

その決断をした彼女は自分の意思を伝えに廊下で待つお母さんのところに行きました。

 

そこで2人で短い時間ですが話合いが持たれようです。

 

しばらくして、廊下に出ると親子で泣いていました。

 

「!?」

 

どんな会話があったのかはわかりませんが、子供の成長に感動したんじゃないかと思います。

 

受験は進学校を決めるまでが受験であり、そうやって成長をしながら

新しいスタートラインに子供たちは立っていくのですね。

 

 

お問い合わせは

  090-8762-4675(直通)

算数専門塾

数学専門塾

 GRIT平尾駅前教室

➢ 少人数個別指導

➢ 中学高校受験・中高一貫生数学対策

➢ 福岡市 中央区 大宮2丁目

➢ 西鉄平尾駅から歩いて3分